ネット回線開通工事の流れは?

現在利用しているインターネット回線や電話回線を高速なものにしたいと考えると、選択肢としてはブロードバンド回線としてADSL回線、CATV回線、光回線が挙げられることかと思われます。
ただし、CATVに関しては最寄にケーブルテレビ局があることが前提となるため、基本はADSLか光回線かを選ぶことになります。
新規でブロードバンド回線の契約をする際、それに伴う回線工事についても確認しておきましょう。
回線工事は物理的に建物の一部に専用回線を通すものです。

特にCATV回線や光回線においては、必ずしも電話回線を経由して利用するものではないため、既存の電話専用のモジュラージャック(屋内の壁に設置されている電話線の差込口)を使うとは限りません。
当然のことながら、この回線開通工事には一定の費用がかかります。
ただし、初回金については加算される場合と無料になる場合が通信事業者によって違いがあります。
また、回線工事の期間については、混雑時とそうでない時とで大きく違いが出る場合があります。
場合によっては申し込みから回線工事まで1ヶ月以上かかる場合があるので、事前にスケジュールの確認を行い、通信事業者としっかり相談をするようにしましょう。
また、スケジュール通りに回線工事日が決まっても、雨や雪によって延期される場合があります。