フラット35審査の内容は?

フラット35は長期固定金利が魅力的ですが、最近の低金利化で更に注目が集まっていますね。
一般技能の住宅ローン審査では、年収がある程度無いといけないですし、出来れば正規雇用で安定した収入があるということが重視されます。
どんなローンを組むのにも、契約社員や、パート扱いの場合には、頭金がある程度準備出来ていないと厳しいということがあります。
ところが、フラット35は、住宅を必要としている多くの人に、住宅購入のチャンスを提供して、景気の冷え込みを予防すると言った意味合いがあるので、審査の際に雇用形態には重視されていないようです。
年収が400万円以下の場合なら、年間の返済額が30%を超えない額を上限として審査通過できることが多いのです。
フラット35の団信生命保険料はいくら?金額高い?【原則加入とは】